キャッシングを初めてする方へ

キャッシングを初めてする方へ

キャッシングとカードローンに付いて混同されている方が沢山いるかと思います。
その違いは返済方法になります。
カードローンが毎月支払いであるのに対し、キャッシングは締日の翌月一括払いとなります。
返済額に付いては借入日から返済日までの利息と元本となります。
最近ではキャッシングのリボ払いという形もあり、ほぼカードローンと変わりませんが
カードローンよりキャッシングの利息の方がはるかに高金利となります。

個人的な意見としては、キャッシングは比較的少額な急な出費の際に利用するものでは無いかと感じております。
また、それ相応の金額が口座にはあるが、利用できない状況など重宝するのではないでしょうか。

キャッシングの金利でカード枠のマックスを借りて、リボ払いで毎月の返済とすると
ほとんどが1.5倍から2倍近い返済額となってしまいますので、正直あまり有利な借入とは言えませんね。

ネーミングの通り、キャッシュがどうしても必要な時に利用して、その他の借入に関しては
目的に合わせたローンを利用する方が金利負担的にも良いのではないでしょうか。

お金を借りるとき、手続きなどで時間がかかると思っていませんか?実はそうでもないのです。審査に通れば申込をしたその日のうちにキャッシングを利用することが可能です。 例えば、午前中に申し込みをすれば、すぐに審査が行われ、昼過ぎにはあなたの口座へ振り込んでもらうことになります。申し込んですぐにお金を借りられる即日キャッシングが可能な業者があるのです!
参考:即日キャッシングランキング!お金を今すぐ借りれるカードローン

ちなみに私はどうしても欲しいものがあったんですが、お金を使ってしまって貯金出来ないタイプでした。

そんな時いつもはクレジットカードを利用するのですが、そのネットショップは代引きか銀行振り込みしか対応していない為にそれも出来ません。
なので悩んだ末にキャッシングする事にしました。

キャッシングを利用するのは初めてだったので知らなかったんですが、貸し出し上限だけでなく下限もあるんですね。
私が調べたところ十万円からの貸し出しというところが多かったです。

そんなにいらないんですよね。なので口コミサイトや比較サイトで情報を集めて小額からでも貸してくれるところを見つけました。

一万円からと三万円からのところがあり多少迷ったんですが、初回利用時の無利息期間などを含めると一万円からのところの方がトータルでは返済額が安くなりそうなのでそっちを選びました。
本当に多少の差なんですが、少しでも安いほうが良いです。

ということで早速申し込みしたのですが、ネットでの申し込みが出来るところだったのでとくに大変な事もなくあっさり終わりました。
無事お金も借りられ、ようやく欲しかったものが購入出来ました。

キャッシングを初めてする方はどうすればいいか分からない事だらけかもしれません。

そこで簡単にキャッシングに必要な物をいくつかご紹介します。

消費者金融でキャッシングに必要なカードを発行するにはまずは仕事をしていて安定な収入があれば大体はカードを作れます。

後は各消費者金融会社の無人契約機で手続きをして審査に通ればキャッシングのできるカードが発行されます。

また手続きの際には運転免許証などの身分証明書や印鑑が必要になりますので忘れずに用意しといて下さい。

また無人契約機などで初めから手続きをするとかなり時間がかかります。
一時間以上はかかる場合もありますので面倒くさいと感じる方は先にスマートフォンなどでWEB申し込みを先に済ませとけば無人契約機での手続きの時間がかなり短縮されるので是非ご活用してみて下さい。

キャッシングはお金を借りるので当然利息が掛かります。

消費者金融会社によっては利息の利率が違いますのでなるべく利息が低い会社を選びましょう。

お金を借りることに対する考え方。

お金を借りることに対する考え方。

服がほしい、家電がほしい、急な飲み会でお金が必要になったなど、人がお金を借りる様々な理由があると思う。

しかし、ほしいものがある、じゃあお金を借りようという考え方は問題がないのだろうか?

よくtvで金融業者のCMが流されているし、簡単な審査でお金は借りられるのが現状だ。
だがよく考えてみてほしい。急にお金が時に貯金等がないから金融業者からお金を借りる人は多いだろう。

そして借入時は大まかにしか説明がされていないが、利子が10%以上も普通なのが現状である。

今まで不測の事態に対して貯金等をやってない人間がお金を借りてさらに利子をつけて返すとなると、非常に困難になることも少なくない。

借りる時の門は広くほとんどの人間がお金を借りられるが、一度中に入ってしまうと豹変し、お金を返せない場合は、毎月利子を重ねて、さらに執拗な取り立てを行うのが現状である。

親族に借金の取り立てに向かうのは現在違法であるが、非合法ギリギリのやり方で取り立てが行われるのも少なくはない。

結論として、お金を借りるぐらいなら前もって貯金等を積み立てておき、金融会社からの借り入れはしないのが賢明だと思う。

それでも必要な時は借りるしかなくなってしまうので、自分が無理ない程度に借入返済を行いそして、そのためには借入の知識も抑えておきたいところです。

お金の借り方をもっとしっかりと知りたいのです

お金の借り方をもっとしっかりと知りたいのです

お金を借りることには抵抗があったのですが、お金を借りることで有利になることもあるので、お金の借り方は知っておいた方がいいと思うようになりました。

初めからお金を借りるのは良くないことだと思い込まないようにしたいです。

家族や友人などからお金を借りることはしませんが、お金を貸してくれるサービスは利用してもいいと思うようになりました。

特にマイナス金利の導入で意識が変わった人も多いと思います。
ローンを組んで物を買ったり、ローンの借り換えを考える人も増えて来るはずです。

お金を借りることで得をすることが増えると思いますし、お金のことは何でも知っておきたいです。

キャッシングにカードローンはどんどん有名になって来ていますし、住宅ローンや自動車ローンも充実しています。
お金を借りやすい時代になっていますし、お金を上手く借りて生活をよりいい物にしていけるといいです。

お金を借りた方がいいと思える時代になるとは思ってもいなかったので勉強をしたいです。

友達に金を借りた時のこと

友達に金を借りた時のこと

ある日、会社の帰りに宅配業者から電話が来ました。
「代金引換の品物が届いていますが、今から伺ってよろしいですか?」とのことです。
昨日、通販でゲームを注文していたのです。

僕は「今すぐ帰りますのでお願いします」と答えました。
しかし財布を見ると金がいくらも入っていません。

そうはいっても金をおろしに行く時間もありません。

そこで、近所に住んでいる友達に
「すぐに金を返すから1万円貸してほしい」と言いました。

すると友達は速攻で「嫌だ」と言って電話を切りました。
何事かと思い、電話をかけなおしますが出ません。
僕は仕方なく宅配業者に「少し時間をずらしてきてほしい」と電話をしてATMにお金をおろしに行きました。

一週間ぐらいして友達に「前に電話した時なんであんな受け答えしたの?」と聞いてみました。

すると友達は「俺と友達でいたいなら金の貸し借りだけはしないでいよう。俺は信じていた友達に金を貸して仲が悪くなったことがある。お前とは友達でいたいから前にああいう答え方をしたんだよ。」と答えました。

その時に友達に金を借りるということは頼みやすいだけに仲を壊しやすいものだと知りました。

ずっと友達と仲良くいたいならば金を借りないのが一番ですね。

人から借りると貰ったことになる。

人から借りると貰ったことになる。

家や車の購入のため、金融機関から審査されて作った借金は人生によほどのトラブルが無い限り返済可能ですが、消費者金融への返済はかなり困難であり、個人同士での借金はまず返済されることがありません。

以前法律事務所に勤めており、そのとき借金に関する相談は毎日のようにあったように思います。自己破産のように法に則って手続きする、もしくは金銭消費貸借書をきちんと作った上で金の貸し借りをする。これらはまだ常識の範囲内だと思います。

しかし世の中にはそんなものは作らず、金の貸し借りをしている人がごまんといます。

せめてメモでも何年何月何日にいくら貸したと記録があれば返せと言うこともできますし、裁判で勝てるケースもあります。しかし多くの人はそこまでしていないので、結局損をして終わるのです。弁護士にもどうすることもできません。

よく金を貸すときは返ってこないつもりで貸せと言われますが、まさにその通りです。

そんな事例をたくさん見てきて、私自身は個人間での金の貸し借りをしたことがないのですが、これからもそういったことは絶対しないようにしようと思っています。金融機関はともかく、個人から金を借りるイコール貰うという認識の人は世間に溢れています。

もし自分が金を借りたらもちろん返します。

しかし、個人間において金を借りると貰うは同意義であると思います。

もしもお金を借りるなら

もしもお金を借りるなら

「お金を借りることなんて恥ずかしくもないし大したことだと思えない」という人がいます。

それとは正反対に「人さまからお金を借りるくらいなら2~3日食べなくてもいい」とまでいう人がいます。

こういう話を耳にするたび「人によってお金を借りるということに対する考え方は様々だな・・・」と思うのです。
状況によってお金を借りなくてはいけない時というものがあるし、お金を借りるべきではなかったという時もあるでしょう・・・。

お金を借りるということを簡単なことだと思っていると後になって後悔する場合が少なくありません。
お金を貸す側だったらそんなに困ることはないですが、お金を借りる側になると真剣に考える時間が必要です。

また、「いくらお金を借りるのか」ということもよくよく考えないといけません。
「どうせお金を借りるんだったらちょっと余分に借りておこうか・・・」なんて思ったらいけません。どうしても必要なギリギリのお金だけを借りることです。