人から借りると貰ったことになる。

人から借りると貰ったことになる。

家や車の購入のため、金融機関から審査されて作った借金は人生によほどのトラブルが無い限り返済可能ですが、消費者金融への返済はかなり困難であり、個人同士での借金はまず返済されることがありません。

以前法律事務所に勤めており、そのとき借金に関する相談は毎日のようにあったように思います。自己破産のように法に則って手続きする、もしくは金銭消費貸借書をきちんと作った上で金の貸し借りをする。これらはまだ常識の範囲内だと思います。

しかし世の中にはそんなものは作らず、金の貸し借りをしている人がごまんといます。

せめてメモでも何年何月何日にいくら貸したと記録があれば返せと言うこともできますし、裁判で勝てるケースもあります。しかし多くの人はそこまでしていないので、結局損をして終わるのです。弁護士にもどうすることもできません。

よく金を貸すときは返ってこないつもりで貸せと言われますが、まさにその通りです。

そんな事例をたくさん見てきて、私自身は個人間での金の貸し借りをしたことがないのですが、これからもそういったことは絶対しないようにしようと思っています。金融機関はともかく、個人から金を借りるイコール貰うという認識の人は世間に溢れています。

もし自分が金を借りたらもちろん返します。

しかし、個人間において金を借りると貰うは同意義であると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です