お金を借りることに対する考え方。

お金を借りることに対する考え方。

服がほしい、家電がほしい、急な飲み会でお金が必要になったなど、人がお金を借りる様々な理由があると思う。

しかし、ほしいものがある、じゃあお金を借りようという考え方は問題がないのだろうか?

よくtvで金融業者のCMが流されているし、簡単な審査でお金は借りられるのが現状だ。
だがよく考えてみてほしい。急にお金が時に貯金等がないから金融業者からお金を借りる人は多いだろう。

そして借入時は大まかにしか説明がされていないが、利子が10%以上も普通なのが現状である。

今まで不測の事態に対して貯金等をやってない人間がお金を借りてさらに利子をつけて返すとなると、非常に困難になることも少なくない。

借りる時の門は広くほとんどの人間がお金を借りられるが、一度中に入ってしまうと豹変し、お金を返せない場合は、毎月利子を重ねて、さらに執拗な取り立てを行うのが現状である。

親族に借金の取り立てに向かうのは現在違法であるが、非合法ギリギリのやり方で取り立てが行われるのも少なくはない。

結論として、お金を借りるぐらいなら前もって貯金等を積み立てておき、金融会社からの借り入れはしないのが賢明だと思う。

それでも必要な時は借りるしかなくなってしまうので、自分が無理ない程度に借入返済を行いそして、そのためには借入の知識も抑えておきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です